コンスタントに収入を得ていない専業主婦で、キャッシングをしたいという人がいます。専業主婦でキャッシングをしたいという人の中には、家族に知られたくないという人もいます。専業主婦を始め、キャッシングを使っている人が多い背景には、担保や保証人がいらないことがあります。原則収入がある人のみに限られていますので、専業主婦の場合にはそもそも借り入れができない可能性もあります。ただし、キャッシング会社によっては、配偶者の合意があれば専業主婦にも融資をしているようです。ただし、配偶者の収入を信用にして専業主婦が融資を受けるためには、配偶者の年収を書面で証明したの、配偶者の勤務先の在籍確認が行われます。年収を証明できる書類や、勤務先への電話連絡が行われる以上は、配偶者に黙っていることは不可能です。同居中の家族に知られずにキャッシングを利用したいという場合は、内職やパートなどをして、まずは自身の収入を得ることです。専業主婦が、自分だけの名義でキャッシングを利用できるようになるためには、自分の名義での報酬がもらえるようにして、年収の1/3を借りられるようにすることです。銀行系では収入による融資額の制限はありませんが、基準は消費者金融系と同じように調整していますので、とびぬけて高額の借り入れをするというのは難しいでしょう。家族に知られずにキャッシングを利用したいという時は、あらかじめ金融会社に申し入れておきましょう。金融会社側も、申し込み者の希望を汲んで、連絡をする時には個人名でかけてきたり、郵送物を送ってくる時にも無難な差出人名を書いてくれます。